鍼灸漫画

人形町治療院を題材としたオリジナル漫画のコーナーです。患者さんの実体験を元に作られています。現時点で、来院編、逆子治療編、小児はり編、不妊治療編、漢方薬編の5種類がございます。当院の雰囲気が伝わると思いますので、鍼灸治療が初めての方はぜひご覧ください。

人形町治療院へ行ってみよう!

第一話「頭痛・生理痛に効く! 痛くない鍼灸治療とは?」です。来院されるのは、頭痛と生理痛で悩む30代の女性で、鍼灸治療が初めての方です。果たして彼女には何が待ち受けているのでしょうか?

人形町治療院の基本コース(30分治療)の主な流れを漫画にしたものです。本患者さんは腹部にお灸を据える必要があったので上向きで施術を受けていますが、座ったまま施術を受ける方も多くいらっしゃいます。

逆子治療にお灸が効く? お困りの妊婦さんへ!

お次は、当院のホームページをご覧になっている方が最も気になっているであろう、逆子の治療方法を漫画化したものです。来院編と同様に鍼灸治療が初めての方を題材に致しました。果たして、初めてのお灸体験はいかに?!

逆子のコーナーで詳しく説明していますが、逆子治療の開始時期は早ければ早いほど改善率が高く、当院では30週以内、あるいは逆子と診断されてから2日以内にお灸を開始することを推奨しています。題材となった患者さんは4回目のお灸で無事に逆子が治り、経膣分娩に至りました。

痛くない! おねしょでお困りのお子様には小児はりを!

前回の逆子治療から5年後のお話。5歳になってもお子さんのおねしょが止まらず、当院に相談を受けました。果たして「小児はり」とはどの様なものなのでしょうか?

このお子さんの場合は、小児はりと漢方薬の併用したところ1週間目から徐々に効果が現れ、約3ヶ月でおねしょがピタリととまりました。現在は小学生ですが、たまに遊びに来ています。

ご存知ですか? 東洋医学は不妊治療の宝庫

コロナ禍を堺に激増した当院の不妊治療。東洋医学による不妊治療は、タイミング療法を始め、体外受精の成功率を上げる等、ブースター的な役割を果たします。果たして当院の不妊治療とはどの様なものなのでしょうか? 当院初の豪華2ページ構成でお送り致します!

如何でしたでしょうか?
当院の不妊治療はお灸を中心に行っています。稀に鍼も使いますがアクセントで使用する程度です。当院の最大の特徴は漢方薬治療との併用ですので、漢方薬編に続きます。

鍼灸師ならではの視点から漢方薬をお選び致します

不妊治療編の続編です。題材になった患者さんは、当院で行う鍼灸マッサージと、併設薬店の「漢方薬店しんあい堂」で販売している漢方薬を併用して不妊治療を行いました。果たして結果はいかに?!

コロナ禍を境に、当院で不妊治療を希望される患者さんが激増しています。多いときでは患者さんの3人に1人が挙児を希望されて来院している状態です。不妊治療には様々な制限があり、全員が授かる事は出来ませんが、最先端の医療と合わせて東洋医学も取り入れてみては如何でしょうか?

今回は不妊治療を題材としましたが、当院では不妊治療に限らず肩こりや腰痛、胃腸障害等に対しても手技と漢方薬の併用を推奨しています。

5種類の漫画は全て実話です。掲載にあたり患者さんの許可を得ています。
シェアする
人形町治療院をフォローする
埼玉県鴻巣市 人形町治療院 鍼灸整体マッサージ