YNSA(山元式新頭鍼療法)

埼玉県鴻巣市の人形町治療院は、YNSA学会所属の正統な治療院です。
数少ないYNSAの専門院でもあります。

YNSA(山元式新頭鍼療法)とは?

当院は2013年からYNSA®(山元式新頭鍼療法)を治療に取り入れ始め、2014年以降はほぼ全ての患者さんにYNSA®を施しております。

YNSAは宮崎県の山元敏勝医師が考案したもので、「新頭鍼療法」という名前の通り、戦後に新しく発見された頭のツボを刺激する新しい鍼治療です。
また、鍼が入る深さは皮膚から1mm程度で、通常の鍼治療よりも極めて浅い深度となります。

その即効性、安全性から海外では大変有名な治療法なのですが、習得が難しく現在の日本でYNSAを積極的に取り入れている治療院は非常に少ないと言えます。

私は宮崎県の山元病院(山元リハビリテーションクリニック)にて、山元医師から直接指導を受けておりますので、安心してご来院下さい。
また、『YNSA(山元式新頭針療法)』は山元敏勝医師の登録商標であり当院は許可を受けて使用しております。(登録第 5808545 号等)


YNSA全国学術大会での発表の様子
~脳血管障害とパーキンソン病に対するYNSA~

YNSAの詳細

宮崎県の医師「山元敏勝」先生によって考案されたこの技術は、残念なことに日本ではあまり知られていませんが、世界ではすでに数千人の医師が実践する非常に有名な治療法です。脳梗塞・脳出血・麻痺等の中枢性疾患・腰痛・肩こり・膝の痛み・しびれ・めまい・耳鳴りなどの様々な疾患に非常に有効なことが、世界中で認められています。

YNSAの優れた効果は世界中で認められています。ドイツでは、整形外科を始めとして麻酔科、内科など多様な診療科の医師が実践し、ブラジルでは山元先生の名前を冠した病院がブラジル政府の国費によって建てられています。
YNSAは頭に(正確には頭皮に)鍼をさすことで治療します。頭皮鍼は中国では複数の流派がありますが、それぞれ反射区が違っており、また手技の修得も難しい事からあまり一般的ではなく、効果も治療者の技術によって差があります。

YNSAは、Made In Japanの鍼灸治療法として一貫した理論と実績があります。頭鍼と名がついているように頭に鍼をしますが0.25mmの非常に微細な鍼を使うため、痛みは、ほとんどありません。

※YNSA学会から転載。

●適応疾患例●
・肩こりや全ての痛みに対する治療
・脳障害(パーキンソン病を含む)などでの半身不随の治療
・交通事故等による障害
・目、鼻、口等の感覚器障害
・全ての臓器の機能障害
・その他の症状についてはご相談下さい。
※当ブログでは、YNSAの最新情報を公開しております。

YNSAのテレビ放送

YNSAは国内でも注目され始めており、テレビ宮崎を始め、テレビ東京の名物番組『YOUは何しに日本へ?』等、テレビでも度々取り上げられております。

1月1日に放送されるテレ東の人気番組、「YOUは何しに日本へ?」で、当院も実施しているYNSA(山元式新頭鍼療…

YNSAを優しく解説した一般向け書籍も発売しておりますので、ご興味がありましたら、ぜひご覧ください。
著者は、YNSAの創設者である山元敏勝医師です。